特別後援

在日フランス大使館

日本でフランス共和国を代表する在外公館。日本の当局と連携しながら、様々な分野において日仏関係の構築と強化をはかり、フランスの外交方針を日本に向けて発信する。また、日本に在住するフランス人の安全確保や行政手続を担い、交流を推進する。

オフィシャルサイト

特別協賛

ダイナースクラブ
(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブは日本初のクレジットカード会社として1960年に創業、以来ステータスを語るカードとして会員様との信頼関係を築いてきました。
ブランド名のルーツでもある「ダイニング」には設立当初から注力しており、これからも日本の食文化の発展を応援し続けると共に、会員様の声に応える充実したサービスをお届けしてまいります。

オフィシャルサイト

パートナー

  • エールフランス航空

    エールフランス航空は、羽田・成田・関西の3空港からパリへと直行便を運航。お客様の安全を最重要視し、安心してご旅行いただけるよう衛生対策を徹底しています。フランスならではの美食とおもてなしで、お客様を機内にお迎えできる時を楽しみにしております。

  • メゾン マム
    (ペルノ・リカール・ジャパン株式会社)

    1827年、シャンパーニュ地方ランスで創業されたメゾン マム。創業以来「Only the Best ~最高のシャンパーニュだけを~」という哲学を持ち続け、栽培から醸造まで一貫した品質管理の下、シャンパーニュを作り続けています。象徴的な赤いリボンを纏った「マム グラン コルドン」はフレッシュさと力強さのバランスが絶妙な、メゾン マム独自の味わいを堪能できるシャンパーニュです。

  • サンペレグリノ・アクアパンナ

    「サンペレグリノ」は 1899年にイタリア・ミラノで創業されたサンペレグリノ社(ネスレグループ)により、イタリアンアルプスの広大な自然の中で採取されています。
    輝きながら立ち上るきめ細かく繊細な泡と、ほのかなミネラルのアロマが特徴。風味豊かな料理やフルボディのワインとの調和を図り、次の一口をフレッシュに演出します。
    「ファインダイニングの名脇役」と評され、世界中の美食家から愛されているスパークリングナチュラルミネラルウォーターです。

    「アクアパンナ」の故郷は、ワインや食文化、芸術でも名高いイタリア・トスカーナ。採水地は、名家メディチ家が自然の中で余暇を過ごしたと伝えられるスカルペリアにあります。
    ベルベットのような滑らかさ、羽のようなかろやかさ、スムーズなのどこしが特徴。ワインなどの後味や香りを優しく流してくれるナチュラルミネラルウォーターとして「ワインリストに載る水」と賞賛されています。

  • DS AUTOMOBILES

    DS AUTOMOBILES(DSオートモビル)はブランドの源泉となった「クラシックDS」が身にまとうアヴァンギャルド、前衛の精神「SPIRIT OF AVANT-GARDE」を受け継ぎ、ひときわスタイリッシュなデザインや最新テクノロジー、ニーズに合わせてダイナミックに変化する快適性とディテールや素材にこだわった「ラグジュアリーカー」を提案するパリ生まれのブランドです。

  • コアントロー
    (レミー コアントロー ジャパン株式会社)

    1849年、フランスのアンジェにて創業。厳選したスイートオレンジとビターオレンジの2種類のピール(果皮)を使用したオレンジリキュールです。
    エッセンシャルオイルの含有量はオレンジリキュールの中で最も高く、一方で甘みは抑えられています。
    香り高いオレンジのアロマとバランスの良いフレーバーで、発売以来オレンジリキュール(トリプルセック)のベンチマークとして絶大な人気を誇り、世界中のバーテンダーから「バーには必ずあるべきリキュール」と支持されています。

  • Interbev - フランス畜産・食肉委員会

    《French Beef, a taste of terroirs – テロワールの恵み フランス産牛肉》は、ヨーロッパNo.1牛肉生産国であるフランスの食肉・畜産事業者の連合組織[Interbev]が日本で展開しているキャンペーンです。
    フランス産の牛肉は、主に家族経営の農場で、自然の空気のもと育てられた牛から生産されます。牛たちは、サステナビリティ対策が日々アップデートされている牧場の牧草や干し草を食べて育ちます。成長促進剤としてのホルモン剤や抗生物質を使わずに育てられた様々な品種を、ぜひお試しください。わずかに霜降りで脂肪の摂取が抑えられる、とても豊かな味わいの牛肉です。

  • ペリエ ジュエ
    (ペルノ・リカール・ジャパン株式会社)

    1811年にエペルネに創立したプレステージ・シャンパーニュメゾン、『ペリエ ジュエ』。シャルドネ本来のエッセンスを紐解く花のような香りと複雑な味わいをもつ、唯一無二のシャンパーニュです。この名高いメゾンの不朽の伝統は、創立以来200年を超える歴史において、たった8名のセラーマスターにより、その技術・技能が継承されています。ペリエ ジュエは、創立者がこよなく愛し、日常を魅力的なものにする「自然とアート」から深い影響を受けています。

  • ヴァローナ ジャポン 株式会社

    世界中のトップシェフに認められるフランスのショコラブランド「ヴァローナ」。
    1922年にフランス・ローヌ地方で創業以来、ショコラの味わいにこだわり続け、世界中の生産者とともにカカオを栽培し、独創的なアイディアと技術により、最高のショコラをつくり続けています。持続可能な社会や環境に配慮したビジネス活動で、B Corporation認証を取得しています。

  • リレ
    (ペルノ・リカール・ジャパン株式会社)

    1872年、ボルドー南部の小さな村、ポデンサックで生まれたフランスを代表するアペリティフワイン『リレ』。おおよそ85%がワイン、15%が果実や果皮由来の成分とキナの皮エキスで構成された、フルーティーで甘美な香りと、芳醇さ・バランス・生命感を兼ね備えた風味が特徴です。そのままではもちろんのこと、氷を浮かべたり、ソーダーで割ったりと、様々な飲み方でお楽しみいただけます。

  • 獺祭
    (旭酒造株式会社)

    「獺祭」は、お客様に「ああ、美味しい!」と言って頂く事こそが目標です。最高のお酒を目指すため、酒米の王者と呼ばれる山田錦のみを使用し、純米大吟醸造りを徹底しています。獺祭の上品な香りと繊細かつ深みのある味わいはフレンチとも絶妙なマリアージュを実現できると信じております。フランスへの輸出と共に、2018年にパリ8区にレストランを含む直営店「Dassai Joel Robuchon」をオープン。地元パリの人々の間でも獺祭はファンを拡大中です。

  • Arctic Blue Gin (アークティック ブルー ジン)

    フィンランドの自然をボトルに詰めた究極のジン「Arctic Blue Gin (アークティック ブルー ジン)」の哲学とは、世界で最も美しいといわれるフィンランドの風土、自然をボトルに詰めること。北極地方の雪解け水と、野生のブルーベリー(ビルベリー)から作られ、目を閉じて香ると、まさにフィンランドの森の中にいるような心地よさを体感。森の朝霧のように爽やかで、ボタニカルな香りと、これまでにない滑らかな飲み心地に驚きます。

  • ルージエ

    フォアグラの世界的ブランド「ルージエ」はフランス・ペリゴール地方サルラに拠点をおき、常に料理人の声を聞き、革新的で高品質な商品開発に努め、現在では世界中のレストランやホテル、ブティック、エアラインなどで扱われています。日本では、50年以上前から株式会社アルカンが輸入し、全国各地のプロの料理人に供給してきました。フォアグラのテリーヌや冷凍スライスなど、扱いやすい商品も提供しており、比類ないテクスチャーと洗練された味わいを持つルージエのフォアグラを、ご家庭でも手軽にお楽しみいただけます。

  • 三陸国際ガストロノミー会議

    東日本大震災津波発災後に国内外から寄せられた多くの支援に感謝の意を表し、ガストロノミーの視点からいわて三陸の魅力、豊かな食材や食文化等を発信する機会として、国内外の著名なシェフや専門家等が一堂に会する国際会議を開催しています。2021年度は9月に開催予定。詳細はオフィシャルサイトで発表します。

  • FOOD-E

    FOOD-Eは、厳選された一流レストランの食事をご自宅で楽しめるフードデリバリーサービスです。
    配達はプロのドライバーによる安心のお届け。ご注文は専用アプリで簡単オーダー。
    ゆっくり楽しむおうち時間。いつもの食卓にちょっとしたアップグレードを。FOOD-Eだけがお届けするレストランダイニングをお楽しみください。

  • レ ヴェルジェ ボワロン(日仏商事株式会社)

    冷凍フルーツのスペシャリストであるレ ヴェルジェ ボワロンが一番大切にしていることは「フルーツ本来の風味や色合いを損なわないこと」です。世界各地を飛び回ってその先々で最高のフルーツを仕入れ、厳しい検査と卓越された技術によって、年間通して一定の品質を保証し、最高品質のピューレやクーリーなどの冷凍製品を提供しています。
    自然の産物であるフルーツの味わいを一定の品質に保つノウハウが、多くのトップシェフに高く評価され、世界ナンバー1の実績を誇ります。

  • ドゥマール
    (日仏商事株式会社)

    DEMARLEは1965年の創業以来、食に携わるプロフェッショナルの皆様にそれまでなかった新たな発想から生み出された製品を数々提供し続けてきました。
    シルパットやフレキシパンといった同社の代表的な製品は、使い手の作業効率をアップさせるだけではなく、耐久性にも優れた商品は、業界に革命をもたらしたと言っても過言ではありません。

  • 株式会社フジマック

    さまざまなフードビジネスのニーズをお応えするため、総合厨房機器メーカーとして、あらゆる厨房の提案・設計から開発、製造、施工、アフターサポートまで、トータルサポートします。
    お客様の声にしっかりと耳を傾け、求められている厨房イメージを実際のカタチへ導くため、厨房のプロフェッショナルである私たちの蓄積したノウハウを融合し、ベストソリューションを提案させていただきます。

  • メゾン・ジネステ社

    1897年創業のメゾン・ジネステ社はフランスワインの業界の最大手、タイヤングループの中核を担っています。数多くの有名シャトーとも関係が深く、特にグラン・クリュワインの取引では歴史の長さと他を圧倒するほどの数量を誇っています。1990年代から東京の事務所からアサヒビールをはじめ、様々なインポーターと手を合わせてボルドーワインを日本中に広めています。

  • オピネル

    オピネルは、1890年にフランスのサヴォア地方で誕生しました。創業者のジョセフ・オピネルは木のハンドルで温かみのあるオピネルナイフを開発。130年経った今も、フランスの家庭はもちろん、一流ホテルやレストランなど世界中で愛用され、フランス文化には欠かせないシンボルとなっています。パブロ・ピカソも愛したオピネルナイフは、1989年にラルース百科事典に後世に残したい品として掲載されています。

  • ブラガール

    BRAGARDは創業85年、フランスのユニフォームブランドです。
    特にシェフコートのラインナップは、かの故ポール・ボキューズ氏とのコラボにより生み出された高品質のシェフコートを皮切りに、
    ・専属のデザイナーによるトレンドを取り入れつつ、エレガントなデザイン
    ・繊維素材からこだわった生地による着心地の良さ
    ・職人の確かな技術に裏打ちされた耐久性
    を兼ね備えた製品を生み出す、世界のシェフに愛されているブランドです。

  • ベイユヴェール(株式会社ティーケーシン)

    創業1980年、フランス西部の玄関口ナント市近郊のマシュクール村に本拠地アトリエを置くフロマジュリー。現在パリをはじめ、フランス中西部に約60店舗のフロマージュブティックを有する。酪農家でありチーズ熟成士でもある当主パスカル・ベイユヴェールのクリエイションと技術が生み出す発酵バターとフロマージュは、フランスのホテルやレストラン業界にも多数の顧客を持つ。

  • パレスホテル東京

    東京の中心にありながら、豊かな自然に恵まれた丸の内1-1-1という唯一無二のロケーションに立地するパレスホテル東京。都内では数少ないバルコニー付きの客室からは、目の前に広がる皇居外苑の緑と丸の内のビル群の景色が楽しめます。「美しい国の、美しい一日がある。」というブランドコンセプトのもと、落ち着きと品格に満ちた「最上質の日本」を提供します。

  • パーク ハイアット 東京

    パーク ハイアット 東京は、東京都庁至近の高層ビル、新宿パークタワーの39~52階に位置しており、一面に素晴らしい眺望が広がる洗練された空間で、上質でプライベートなご宿泊、独創的なダイニングシーン、スパでの心地よいリラクゼーションなど、多彩でラグジュアリーなホテル体験を提供しています。

  • My Little Box株式会社

    My Little Boxは毎月新しいテーマのもと、パリのエスプリが詰まったボックスをお届けします。 ボックスの中身は手元に届くまで分からないサプライズ。 厳選されたコスメに、パリで流行っている雑貨やアクセサリーなど、日常にきらめきを与えてくれる内容満載です。あなたも一緒にサプライズを楽しみませんか?

  • Food Loss Bank

    日本で飲食可能状態で廃棄される「食品ロス」は年間で600万トンにのぼります。 これは世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量の約1.6倍に相当します。FOOD LOSS BANKは、コロナ禍によりさらに増加しつづける食品ロス問題を改善すべく、フードロス削減、フードロス食材の有効活用を皆様と共に考えてまいります。

  • 株式会社TableCheck

    テーブルチェックは「Dining Connected ~世界中のレストランとカスタマーをつなぐプラットフォーム~」をミッションに事業を展開する日本発レストランテックカンパニーです。飲食店向け予約顧客管理システムとユーザー向け検索予約サイトを提供。26ヵ国・地域約7,000店舗の飲食店と月間100万人超のユーザーが利用するグローバルプラットフォームとして、レストランにもカスタマーにもより良いレストラン体験の実現をサポートしています。

  • 一休.com レストラン
    (株式会社 一休)

    全国10,000店以上の厳選レストランの情報を掲載した国内最大級のレストラン オンライン予約サイトです。特別料金&限定プランなどを24時間365日いつでも空席検索・即時予約ができます。

  • antenna*

    スマートフォンアプリantenna* は、「ココロうごく。キッカケとどく。」を掲げ、いま気になる情報をまとめて楽しめるキュレーションサービス。さまざまなジャンルの提携メディアから受け取る一日約2,000ものコンテンツに社内スタッフが目を通し、20以上のチャンネルでお届け。毎日、約200〜300の旬なコンテンツを配信しています。
    日々の暮らしの中でより豊かな体験をしてもらいたいという思いを込め、こだわりのキュレーションでユーザーひとりひとりにぴったりのコンテンツをお届けします。

  • Akaito

    Akaitoは、妥協のない職人技、最先端の研究開発、独自の栽培方法、類を見ない製造品質を通して、最高のサフランをお客様へ届ける努力をしています。
    Akaito Japanese Saffron™ は、ISO3632サフランI類を超えていますー世界中で栽培されているサフランの中でも先高級に当たります。

後援

  • 在日フランス商工会議所(CCIFJ)

    在日フランス商工会議所は、1918年に設立した最も歴史ある在日外国商工会議所です。年間を通じてビジネス・文化イベントの開催、実務サポート、出版活動を行っています。

  • アンスティチュ・フランセ日本

    2012年9月にフランス大使館文化部と東京日仏学院、横浜日仏学院、関西日仏学館、九州日仏学館が統合し、アンスティチュ・フランセ日本が誕生。フランス政府公式機関としてフランス語講座や文化イベントを東京、横浜、関西(大阪/京都)、九州(福岡)沖縄で展開しています。ワインやチーズのセミナーなどガストロノミー関連の催しも多く開催しています。

  • 札幌アリアンス・フランセーズ

    フランス政府公認のフランス語学校・フランス文化センター。現代フランス情報センターの機能も果たすメディアテック(図書館)やギャラリースペースを備えた総合的文化スペースとして、様々な活動を展開しています。

  • アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会

    アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会は東海地方におけるフランス語の普及、フランス文化紹介など日仏交流のために教育・学術・芸術・経済等さまざまな分野で多彩な活動を行っています。

  • 一般社団法人全日本司厨士協会 (AJCA)

    1959年設立の全日本司厨士協会は、西洋料理を通して、広く国民の食生活向上に貢献しております。また世界の料理人団体、世界司厨士協会連盟(WORLDCHEFS、加盟国110カ国)に加盟しています。

  • 一般社団法人 日本エスコフィエ協会

    日本エスコフィエ協会は初代会長・故小野正吉氏を中心に1971年に創設されました。近代フランス料理の祖オーギュスト・エスコフィエの真髄に基づき、伝統あるフランス料理の継承を目的として、現代では7代目の福田順彦会長のもと約1,700名の会員の所属する協会として幅広い活動を行っています。

  • トック・ブランシュ国際倶楽部

    トック・ブランシュ国際倶楽部は、フランス料理に携わる第一線級のプロフェッショナルのための世界ネットワークとして発足し、日本では1981年に日本支部が創設。現在では組織も拡大し、各国との交流を保ちながら独立。約550名の会員は日本のフランス料理界を代表するリーダーとして全国各地に展開し、様々な活動を行っています。

  • ゴブラン会

    ゴブラン会とは、「和」「洋」「中」の一流のプロフェッショナルが集う会として、また「食を創る人」「食を提供する人」「食を愛する人」三位一体の会として、様々な職種の会員約300名を有する食文化ネットワークです。

  • クラブ・プロスペール・モンタニェ日本支部

    偉大なるシェフ、”プロスペール・モンタニェ”の没後、彼を敬愛する友人達により興され、格調高いフランス料理とその素材の品質を守り向上させることを目的としています。食文化に関る料理店主、料理人、ガストロノーム並びに全ての食材関連職業を網羅したクラブです。

  • フランス農事功労章協会(MOMAJ)

    フランス農事功労章協会(MOMAJ)は、日本でのフランスの食文化の振興のため、2004年2月6日付で設立された日本におけるフランス農事功労章(国家功労章)の受章者を中心とし、その趣旨に賛同する個人および企業の有志の団体です。

  • 在日フランス人シェフ・パティシエの会(Amicale)

    1976年創立。フランス料理の普及に取り組む在日フランス人シェフやパティシエの会。イベント開催や、料理情報・求人サービスも提供しています。

  • 一般社団法人フランスレストラン文化振興協会(APGF)

    レストラン文化の3本柱、料理の作り手とサービスする手、食べ手の啓蒙に関わる活動を実施。フランス料理コンクール「メートル・ド・キュイジニエ・ド・フランス ジャンシリンジャー杯」、サービスコンクール「メートル・ド・セルヴィス杯」を主催する。

  • フランス料理文化センター(FFCC)

    フランス料理文化センター(FFCC)は、東京ガス株式会社とフランスパリ市商工会議所(現パリ市イル・ド・フランス地方商工会議所)が日本におけるフランス食文化の振興を目指して 1990年に創設されました。
    業務用テストキッチン「厨BO!YOKOHAMA」を拠点に、主にフランス料理のプロの料理人、サービスパーソンに向けた、講習会、セミナー等を開催しています。

  • メートル・ド・セルヴィスの会

    「”メートル・ド・セルヴィス杯”サービスコンクール」の支援と継承活動を通じて、サービスマンの技能向上を図るとともに、食文化の発展に広く貢献することを目的に2001年10月に設立しました。

  • クラブ アトラス(Club Atlãs)

    東京近郊にあるフランス料理のレストランに携わる役職者、管理的立場を有する者が集まり、次世代への技術指導、情報共有などを通じ、フランス料理を継承し、人材を育成していくことを目的としています。

  • 一日会大阪

    一日会大阪は、1980年4月にフランス料理の交流と発展のための勉強会としてスタートしました。やがてイタリア料理界とも交流するようになり、フレンチ・イタリアン両方のシェフが加盟する現在の形に至っています。毎年の活動と致しましては、料理講習会(ゲストシェフに講習してもらい、試食や意見交換などを行う)、ボランテイア活動(養護施設に赴き、子供達と一緒に料理を作り会食する)、美食会開催(会員たちと著名ゲストシェフの饗宴)の3つのイベントを催してます。

事務局

  • コレージュ・キュリネール・ド・フランス

    フランス内外におけるフランス料理の発展のために発足した有名シェフたちによるアソシエーションです。フランス料理文化の保存と発展、優れた食材と優れた生産者のサポート、才能ある若いシェフの育成に努めています。

  • デュカス・パリ

    デュカス・パリは国際的で多様化するお客様の期待に応えるべく、質の高い料理とサービス、最新の技術力をもって常に最高のものをご提供することを目指しています。会長であるアラン・デュカスは料理人であり、クリエイターでありかつ厳格な実業家でもあります。