HOME>メッセージ

メッセージ

フランス大使、ダイナースクラブからのメッセージをご紹介します。

フランス大使からのメッセージ


駐日フランス大使 ローラン・ピック

日本のフランス料理ファンの皆様、およびフランス料理の発展を支えてくださっている皆様にご挨拶申し上げます。
このダイナースクラブ フランス レストランウィークが 8年も続いているということはいかに日本の方々がフランス料理に親しみと興味を持ってくださっているかの証といえましょう。
美食はフランスと日本をつなぐ確かな架け橋であり、インスピレーションと交流の豊かな源です。
フランスの美食文化と和食がユネスコの世界無形文化遺産に登録されたことは、決して偶然ではありません。
今年のテーマも、去年に引き続き、「トレ・ボン!日本のテロワール」と題されています。
日本ならではのすばらしい食材と、フランス料理のシェフの繊細な技術の融合をクローズアップしています。
私も非常に楽しみにしています。
今年もダイナースクラブ フランス レストランウィークで、皆様に美食のひとときを楽しんでいただけることを願っています。

ダイナースクラブからのご挨拶

三井住友トラストクラブ株式会社
代表取締役社長 野原 幸二

「ダイナースクラブ」は「食事を楽しむ人(ダイナー)のクラブ」を会社創業の起源としており、これまでも独自のダイニングサービスをご提供することで日本における食文化の発展を目指してまいりました。
その中の1つである「ダイナースクラブ フランスレストランウィーク」につきましても、2011年の第1回以来特別協賛を継続して務められることをたいへん光栄に思います。

この「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」は、日本におけるフランス料理の発展を目指すべく、毎年地方や次世代を担うシェフにスポットを当て続けており、他のダイニングイベントには無い取り組みを行っていることは、とても意義のある企画だと非常に共感しております。
本イベントでは、ダイナースクラブ会員のために、先行予約やウェルカムドリンクサービスなどを実施しますが、本来は全国各地の方々にお得な値段でクオリティの高いフランス料理を楽しんでいただくのが目的です。
ぜひとも一人でも多くの人たちに、ご家族、ご友人とともに楽しい時間を過ごしていただきたく思います。

また今年は、日仏友好160周年の記念すべき年です。
このイベントが、一層日本とフランスの食文化の架け橋になる事を期待しております。

イベントについて

top