ダイナースクラブ フランスレストランウィーク 2019

HOME>トピックス>第一回 ラ・ターブル・ドゥ・ダイナーズクラブ@ミーレ 

第一回 ラ・ターブル・ドゥ・ダイナーズクラブ@ミーレ 

フランスレストランウィークの大人気プレイベント『ラ・ターブル・ドゥ・ダイナーズクラブ@ミーレ』が、7月5日(金)6日(土)に開催されました。第一回は石川県[ラ・クロシェット]橋田シェフを迎えて、石川県の食材たっぷりの特別コースをお楽しみいただきました。

地元食材の魅力が詰まったひと皿ひと皿は『石川県能登、羽咋の空気まで感じていただきたい』という橋田シェフの情熱まで見えるよう・・・20席限定のテーブルを囲むお客様からは『わあ!いい香り~!』『牡蠣の食感が最高!』といった声が上がりました。

(写真 右)「能登豚ロースのロースト 羽咋産自然栽培の野菜を添えて」庭のハーブをたっぷりと使い、オーブンで香り高く焼き上げた能登豚ロース。付け合わせには羽咋の自然栽培の野菜をたっぷりと。

「七尾市・中島 宮本さんの岩ガキ、能登の海藻のジュレ、 きゅうりのソースと西洋わさび」牡蠣の養殖で有名な七尾市、中島。その中でも特にきれいな海で育った岩ガキを海藻とセロリの香りを付けた能登町の海洋深層水で一瞬だけポッシェ。 煮汁は海藻と共にジュレにし、新玉ねぎのグレック(コリアンダー、レモン汁、オリーブオイルと共に煮含ませたピクルスの様なもの)、 胡瓜の爽やかなソース、西洋わさびのソースを合わせて。橋田シェフのの夏のスペシャリテです。

「氷見・稲泉農園のブルーベリー、ヴァローナ 社”オパリス”とベルバラ園さんのバラ ローズマリー香る発酵乳のソルベ」 有機栽培農園の完熟ブルーベリーをふんだんに。甘みを抑え他の食材を引き立てるヴァローナ社のホワイトチョコレート”オパリス”にベルバラ園さんのバラを合わせ、 チーズケーキのような味わいの発酵乳のシャーベットを添えて。

この秋開催のフランスレストランウィークへの期待感を高める限定のポップアップレストラン『ラ・ターブル・ドゥ・ダイナーズクラブ@ミーレ』8月・9月分の一般予約受付は、7月26日(金)10:00 ~。

※ダイナースクラブ会員専用予約 29日(月)10:00 ~ 。

ラ・ターブル・ドゥ・ダイナーズクラブ@ミーレ予約詳細はこちら

ートピックスー
他の記事を見る

top