「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」は、イベント開催10年目を記念して親善大使にモデル・冨永愛さんが就任し、9月17日(木)にパレスホテル東京にて親善大使就任発表会を開催いたしました。

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」は、美食への探究心やその美しさから世界中で愛されているフランス料理をもっと気軽に楽しんでいただくことを目的としたグルメイベントで、今年で10年目を迎えます。そして今回イベント初となる親善大使として冨永愛さんが登壇し、「フランス レストランウィーク 10年目ということでおめでとうございます。フレンチキュイジーヌはすごく好きなので、今回イベントの親善大使として就任できたことを嬉しく思います。」とコメントし、フレンチにまつわるお話を語っていただきました。

フランス レストランウィーク2020親善大使任命書を持つ 冨永愛さん

【Q:今日のコーディネートのポイント伺えますか?】
冨永さん:今回親善大使に選んでいただいた理由の一つとして、昨年のドラマで、グルメ雑誌の編集長の役をやったこともあると思いますので、その時をイメージしました。そしてフレンチレストランは、おしゃれをしていく場ですので“レディライク” な雰囲気の服にしました。

【Q:フランス レストランウィーク のイベントについてどう思われますか?】
冨永さん:フレンチキュイジーヌというと格式が高いイメージがあると思います。なのでこのイベントを通して、より身近にフレンチという奥深い文化に触れていただく機会があるのはとても素敵なことだと思っています。

【Q:フランスに行かれる機会も多いと思いますが、現地でのレストランの思い出など伺えますか。】
冨永さん:現地のレストランの思い出に残っているのは、レストランで大人のカップルが2人で食事を楽しんでい るのがすごく印象に残っていて、「私もこういうふうになりたいな」と当時思っていました。フランスのレスト ランでは、大人の特別な時間である非日常感を感じられる空間だと感じました。

フランス レストランウィークからイベントロゴと冨永愛さんのイニシャルをあしらったオリジナルコックコートをサプライズプレゼント!

【Q:昨年のドラマでグルメ誌の編集長を演じていましたが、その時の役作りに向けて何か特別なことなどされていましたか?】

冨永さん:世界中の美食を知り尽くしている料理雑誌の編集⻑ということでプレッシャーは感じていました。フレンチの作法を勉強して、ワインの持ち方など細部まで教えていただきました。その時に最高のお料理には、き ちんとした作法がとても合うなと実感したので、今後も教えていただいたことを忘れないように美しく食事をす ることを心がけたいなと思います。まずはフランスレストランウィークで気軽にお店を訪れていただいて、もし何か一つでもマナーや作法を知って取り入れると、さらにお食事を楽しめるかなと思います。

【Q:イベントでも和食材とフレンチを組み合わせていますが、この取り組みについてどう思いますか?】
冨永さん:私はフランスに20年ぐらい訪れていますが、わさびや柚子などをはじめ日本の食材はフランスでもよく使われていますね。世界中の貴重な食材が融合して一つの作品になるのは素敵だと思いますし、ジャパニーズフレンチがもっと発信していけると嬉しいですね。

【Q:最後にレストラン、シェフたちと、イベントに参加される皆様へメッセージをお願いいたします】
冨永さん:まずはシェフ、レストランの皆様にはフランス レストランウィークを舞台に今まで通り腕をふるってお客様をおもてなしいただきたいと思います。お店に足を運ぶ皆様は、この素敵な機会を使ってより手軽にフレンチを楽しんで、大切な人との時間を過ごしてください。そしてレストランに行く時にはファッションも楽しんでくださいね!

冨永愛さんも大好きなフランス料理を存分に堪能できるイベントが ダイナースクラブ フランス レストランウィークです! 9月25日(金)~10月14日(水)どなたでも気軽にフレンチを楽しめるグルメな20日間!開催中も予約できますので各参加レストランへ直接お電話、またはフランス レストランウィーク公式サイトを経由したオンライン予約をご利用ください♪

さっそく参加レストランを予約!