特別後援

在日フランス大使館

日本でフランス共和国を代表する在外公館。日本の当局と連携しながら、様々な分野において日仏関係の構築と強化をはかり、フランスの外交方針を日本に向けて発信する。また、日本に在住するフランス人の安全確保や行政手続を担い、交流を推進する。

オフィシャルサイト

特別協賛

ダイナースクラブ
(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブは日本初のクレジットカード会社として1960年に創業、以来ステータスを語るカードとして会員様との信頼関係を築いてきました。
ブランド名のルーツでもある「ダイニング」には設立当初から注力しており、これからも日本の食文化の発展を応援し続けると共に、会員様の声に応える充実したサービスをお届けしてまいります。

オフィシャルサイト

パートナー

  • メゾン マム
    (ペルノ・リカール・ジャパン株式会社)

    1827年、シャンパーニュ地方ランスで創業されたメゾン マム。創業以来「Only the Best ~最高のシャンパーニュを、最高の人々へ~」という哲学を持ち続け、栽培から醸造まで一貫した品質管理の下、シャンパーニュを作り続けている。象徴的な赤いリボンを纏った「マム グラン コルドン」はフレッシュさと力強さのバランスが絶妙な、メゾン マム独自の味わいを堪能できるシャンパーニュ。

  • リレ
    (ペルノ・リカール・ジャパン株式会社)

    1872年、ボルドー南部の小さな村、ポデンサックで生まれたフランスを代表するアペリティフワイン『リレ』。おおよそ85%がワイン、15%が果実や果皮由来の成分とキナの皮エキスで構成された、フルーティーで甘美な香りと、芳醇さ・バランス・生命感を兼ね備えた風味が特徴です。そのままではもちろんのこと、氷を浮かべたり、ソーダーで割ったりと、様々な飲み方でお楽しみいただけます。

  • エールフランス航空

    エールフランス航空は羽田、成田、関西の3空港からパリへ毎日最大5便を運航しています。一流シェフが監修するお料理や世界ソムリエチャンピオンのセレクトしたワインを空の上のレストランでお楽しみください。美食の国フランスならではのおもてなしで、快適な空の旅をお過ごしいただけます。

  • ルノー・ジャポン株式会社

    ルノーは、フランスを代表する自動車メーカーです。「生活を楽しむ」という文化が根付いているフランスで造られる車は、機能的であることはもちろん、デザイン性が高く、フランスの風景に映える個性的なボディカラーが特徴です。ルノー・ジャポンは、「Passion for life」をスローガンに、お客様の好きなことや楽しみ、そして毎日の豊かな生活を、ルノー車を通じてサポートすることを目指しています。

  • サンペレグリノ

    「サンペレグリノ」は 1899年にイタリア・ミラノで創業されたサンペレグリノ社(ネスレグ ループ)により、イタリアンアルプスの広大な自然の中で採取されています。輝きながら立ち上るきめ細かく繊細な泡と、ほのかなミネラルのアロマが特徴。風味豊かな料理やフルボディのワインとの調和を図り、次の一口をフレッシュに演出します。「ファインダイニングの名脇役」と評され、世界中の美食家から愛されているスパークリングナチュラルミネラルウォーターです。

  • ヴァローナジャポン株式会社

    世界中のトップ・シェフに愛されるフランスのチョコレート「ヴァローナ」。1922年の創業以来、伝統を継承しつつも、豊かな創造力で常に新しい価値を切り拓き、最高のショコラをつくり続けています。”味わい”を通して、みなさまに笑顔と喜びを届けられていれば、何よりの幸せです。

  • レ ヴェルジェ ボワロン(日仏商事株式会社)

    冷凍フルーツのスペシャリストであるボワロン社。1942年に創業し、1970年に冷凍ピューレを開発しました。現在55種類以上の厳選したフルーツが製品化され、最高品質のピューレを提供しています。厳しい検査と卓越された技術によって、年間通して一定の品質を保証し、フルーツ本来のはっきりとした風味とフレッシュな香り、及び鮮やかな色を皆様にお届けしています。
    その品質が80ヶ国のシェフに高く評価され、世界ナンバー1の実績を誇ります。

  • マルタンプーレ(日仏商事株式会社)

    フランスで250年以上続く唯一のオルレアン製法でワインビネガーを作る会社となったマルタンプーレ社。オルレアン製法とはワインビネガーにワインを継ぎ足し、樽の中でじっくりと最低半年の時間を掛けてビネガーに変えていく方法で、短時間でビネガーを作り出す生産方法に比べて、まろやかで味わい深いビネガーを作ることができます。

  • Arctic Blue Gin (アークティック ブルー ジン)

    フィンランドの自然をボトルに詰めた究極のジン「Arctic Blue Gin (アークティック ブルー ジン)」の哲学とは、世界で最も美しいといわれるフィンランドの風土、自然をボトルに詰めること。北極地方の雪解け水と、野生のブルーベリー(ビルベリー)から作られ、目を閉じて香ると、まさにフィンランドの森の中にいるような心地よさを体感。森の朝霧のように爽やかで、ボタニカルな香りと、これまでにない滑らかな飲み心地に驚きます。

  • ルージエ

    フォアグラの世界的ブランド「ルージエ」はフランス・ペリゴール地方サルラに拠点をおき、常に料理人の声を聞き、革新的で高品質な商品開発に努め、現在では世界中のレストランやホテル、ブティック、エアラインなどで扱われています。日本では、50年以上前から株式会社アルカンが輸入し、全国各地のプロの料理人に供給してきました。フォアグラのテリーヌや冷凍スライスなど、扱いやすい商品も提供しており、比類ないテクスチャーと洗練された味わいを持つルージエのフォアグラを、ご家庭でも手軽にお楽しみいただけます。

  • 株式会社フジマック

    さまざまなフードビジネスのニーズをお応えするため、総合厨房機器メーカーとして、あらゆる厨房の提案・設計から開発、製造、施工、アフターサポートまで、トータルサポートします。
    お客様の声にしっかりと耳を傾け、求められている厨房イメージを実際のカタチへ導くため、厨房のプロフェッショナルである私たちの蓄積したノウハウを融合し、ベストソリューションを提案させていただきます。

  • ミーレ・ジャパン株式会社

    Mieleは1899年にドイツで誕生し、現在世界約100か国に販売拠点をもつプレミアム家電のグローバルカンパニーです。創業時に掲げた「Immer Besser -常によい良いものを」の精神を企業理念として、常に人々の暮らしに寄り添ってきました。デザイン性と耐久性に優れた高品質で革新的なブランドとして、オーブンをはじめとするビルトイン調理機器、コーヒーマシンや食器洗い機、ランドリー機器、掃除機を通じ、上質で豊かなライフスタイルをご提案しています。

  • 貝印株式会社

    創業112年を迎える総合刃物メーカーである貝印は、包丁を筆頭に、キッチンで必要となる様々な調理器具を製造・販売し、日本国内ではトップシェアを頂戴しております。
    発祥の地である岐阜はもちろん、パリやロサンゼルス、デリー等、国内外に拠点を持ち、「より多くの人に、より良い商品を」提供するため、一般家庭用の商品はもちろん、プロユースの商品まで幅広くラインナップしております。

  • シェアという新しいカタチ = 食器のサブスク

    「サラカリ 」は、最上級の食器の「サブスク」、会員制の食器レンタルサイトであります。「シェフのために」をテーマにした「POUR LE CHEF」、素材の持つ「個性」を引き出し、自由なアイデアを形にする「Libero」、木の温もりと洗練されたデザインの「ONWOOD」、幻想的な意匠に魅せられる「Tricher」等のオリジナルブランドを取り揃えております。

  • オピネル

    オピネルは、1890年にフランスのサヴォア地方で誕生しました。創業者のジョセフ・オピネルは木のハンドルで温かみのあるオピネルナイフを開発。130年経った今も、フランスの家庭はもちろん、一流ホテルやレストランなど世界中で愛用され、フランス文化には欠かせないシンボルとなっています。パブロ・ピカソも愛したオピネルナイフは、1989年にラルース百科事典に後世に残したい品として掲載されています。

  • ブラガール

    ブラガール社は、フランスで80年の歴史をもつコックコートの老舗ブランドです。創業以来、伝統に従いフランス産の生地にこだわり、つねに品質、デザイン、技術面において優れた製品をつくり続けています。また、流行のトレンドにも気を配りつつ、プロフェッショナルな仕事の現場で、技術や才能を高め、情熱を駆り立てるような新製品を企画開発し、役立つことを使命と考えています。

  • シャトー・ド・ラマルク
    (ミリオン商事株式会社)

    シャトー・ド・ラマルクは、ボルドーのオー・メドック、マルゴーとサンジュリアンの間に位置する、千年の歴史を誇るシャトーです。
    オー・メドック最高レベルのシャトーとしての名声が評価され、1983年、グラン・クリュ格付シャトー等トップクラスのシャトーで構成されるユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドーのメンバーに加わりました。
    グラン・クリュ格付の有名シャトーにひけをとらない品質の高さを誇りとしています。

  • ラウル・クラージェ
    (株式会社センチュリートレーディングカンパニー)

    ラウル・クラージェは、コート・ド・ボーヌ地区のサントーバン村で、1268年に創業された700年以上の歴史を持つブルゴーニュ最古のワインメーカーです。ワインを最初に瓶詰したことで知られ、ギネスブックにも記録されています。1925年にワインの仲買人に任じられた当主ラウル・クラージェの名前が優良なブルゴーニュワインのブランド名として使用され、広く知られるようになりました。現在では、ブルゴーニュのほとんどの銘醸地を網羅する高品質のワインを生産・販売しています。

  • ベイユヴェール(株式会社ティーケーシン)

    創業1980年、フランス西部の玄関口ナント市近郊のマシュクール村に本拠地アトリエを置くフロマジュリー。現在パリをはじめ、フランス中西部に約60店舗のフロマージュブティックを有する。酪農家でありチーズ熟成士でもある当主パスカル・ベイユヴェールのクリエイションと技術が生み出す発酵バターとフロマージュは、フランスのホテルやレストラン業界にも多数の顧客を持つ。

  • ホテルニューオータニ(東京)

    ホテルニューオータニ(東京)は、1964年の東京オリンピック開催に伴い、 世界中のお客さまをお迎えするために国家の要請を受けて誕生しました。 400年の歴史を誇る1万坪の広大で緑豊かな由緒ある日本庭園に囲まれ、1,479室の客室、個性豊かな37か所のレストラン、33か所の宴会場擁し、伝統と進化が築きあげたおもてなしで、世界の皆さまを心よりお迎えしています。

  • My Little Box株式会社

    My Little Boxは毎月新しいテーマのもと、パリのエスプリが詰まったボックスをお届けします。 ボックスの中身は手元に届くまで分からないサプライズ。 厳選されたコスメに、パリで流行っている雑貨やアクセサリーなど、日常にきらめきを与えてくれる内容満載です。あなたも一緒にサプライズを楽しみませんか?

  • フード・アクション・ニッポン

    フード・アクション・ニッポンは、日本の食を次の世代に残し、創るために、民間企業・消費者・国等が一体となって推進する国産農林水産物の消費拡大のための国民運動です。フード・アクション・ニッポンでは、消費者が国産農林水産物を選んで食べていただけるよう、フード・アクション・ニッポンの趣旨に賛同する「推進パートナー(11,157社:令和2年3月末)」の活動を通じて、魅力ある国産農林水産物の情報を発信しています。

  • トリップアドバイザー

    トリップアドバイザーは、毎月約4億6,300万人に利用されている世界最大級の旅行プラットフォームです。国内外の旅行者はトリップアドバイザーのサイトやアプリにアクセスすることで、800万件を超える宿泊施設、レストラン、ツアーやチケット等に関する8億5,900万件以上の口コミ情報や評価を参照できます。トリップアドバイザーは頼れる旅のパートナーとして、世界49の国と地域、28言語でサービスを展開しています。

  • 株式会社TableCheck

    テーブルチェックは「Dining Connected 世界中のレストランとカスタマーの最良の架け橋になる」をミッションとする日本発レストランテックカンパニーです。飲食店向け予約顧客管理システム「TableSolution」と、ユーザー向け検索予約サイト「TableCheck」を提供。25ヵ国・地域約4,900店舗の飲食店と月間100万人超のユーザーが利用するグローバルプラットフォームとして、テクノロジーによる最高のレストラン体験の実現に貢献します。

  • 一休.com レストラン
    (株式会社 一休)

    全国9,000店以上の厳選レストランの情報を掲載した国内最大級のレストラン オンライン予約サイトです。特別料金&限定プランなどを24時間365日いつでも空席検索・即時予約ができます。

  • antenna*

    スマートフォンアプリantenna* は、「ココロうごく。キッカケとどく。」を掲げ、いま気になる情報をまとめて楽しめるキュレーションサービス。さまざまなジャンルの提携メディアから受け取る一日約1,500ものコンテンツに社内スタッフが目を通し、さまざまな切り口の”特集”(=記事まとめ)に整理して展開。毎日、約200~300の旬なコンテンツを配信しています。

後援

  • 在日フランス商工会議所(CCIFJ)

    在日フランス商工会議所は、1918年に設立した最も歴史ある在日外国商工会議所です。年間を通じてビジネス・文化イベントの開催、実務サポート、出版活動を行っています。

  • アンスティチュ・フランセ日本

    2012年9月にフランス大使館文化部と東京日仏学院、横浜日仏学院、関西日仏学館、九州日仏学館が統合し、アンスティチュ・フランセ日本が誕生。フランス政府公式機関としてフランス語講座や文化イベントを東京、横浜、関西(大阪/京都)、九州(福岡)沖縄で展開しています。ワインやチーズのセミナーなどガストロノミー関連の催しも多く開催しています。

  • 札幌アリアンス・フランセーズ

    フランス政府公認のフランス語学校・フランス文化センター。現代フランス情報センターの機能も果たすメディアテック(図書館)やギャラリースペースを備えた総合的文化スペースとして、様々な活動を展開しています。

  • アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会

    アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会は東海地方におけるフランス語の普及、フランス文化紹介など日仏交流のために教育・学術・芸術・経済等さまざまな分野で多彩な活動を行っています。

  • 一般社団法人全日本司厨士協会 (AJCA)

    1959年設立の全日本司厨士協会は、西洋料理を通して、広く国民の食生活向上に貢献しております。また世界の料理人団体、世界司厨士協会連盟(WORLDCHEFS、加盟国110カ国)に加盟しています。

  • 一般社団法人 日本エスコフィエ協会

    日本エスコフィエ協会は初代会長・故小野正吉氏を中心に1971年に創設されました。近代フランス料理の祖オーギュスト・エスコフィエの真髄に基づき、伝統あるフランス料理の継承を目的として、現代では7代目の福田順彦会長のもと約1,700名の会員の所属する協会として幅広い活動を行っています。

  • トック・ブランシュ国際倶楽部

    トック・ブランシュ国際倶楽部は、フランス料理に携わる第一線級のプロフェッショナルのための世界ネットワークとして発足し、日本では1981年に日本支部が創設。現在では組織も拡大し、各国との交流を保ちながら独立。約550名の会員は日本のフランス料理界を代表するリーダーとして全国各地に展開し、様々な活動を行っています。

  • ゴブラン会

    ゴブラン会とは、「和」「洋」「中」の一流のプロフェッショナルが集う会として、また「食を創る人」「食を提供する人」「食を愛する人」三位一体の会として、様々な職種の会員約300名を有する食文化ネットワークです。

  • クラブ・プロスペール・モンタニェ日本支部

    偉大なるシェフ、”プロスペール・モンタニェ”の没後、彼を敬愛する友人達により興され、格調高いフランス料理とその素材の品質を守り向上させることを目的としています。食文化に関る料理店主、料理人、ガストロノーム並びに全ての食材関連職業を網羅したクラブです。

  • フランス農事功労章協会(MOMAJ)

    フランス農事功労章協会(MOMAJ)は、日本でのフランスの食文化の振興のため、2004年2月6日付で設立された日本におけるフランス農事功労章(国家功労章)の受章者を中心とし、その趣旨に賛同する個人および企業の有志の団体です。

  • 在日フランス人シェフ・パティシエの会(Amicale)

    1976年創立。フランス料理の普及に取り組む在日フランス人シェフやパティシエの会。イベント開催や、料理情報・求人サービスも提供しています。

  • フランスレストラン文化振興協会(APGF)

    レストラン文化の3本柱、料理の作り手とサービスする手、食べ手の啓蒙に関わる活動を実施。フランス料理コンクール「メートル・ド・キュイジニエ・ド・フランス ジャンシリンジャー杯」、サービスコンクール「メートル・ド・セルヴィス杯」を主催する。

  • フランス料理文化センター(FFCC)

    フランス料理文化センター(FFCC)は、東京ガス株式会社とフランスパリ市商工会議所(現パリ市イル・ド・フランス地方商工会議所)が日本におけるフランス食文化の振興を目指して 1990年に創設されました。
    業務用テストキッチン「厨BO!YOKOHAMA」を拠点に、主にフランス料理のプロの料理人、サービスパーソンに向けた、講習会、セミナー等を開催しています。

  • メートル・ド・セルヴィスの会

    「”メートル・ド・セルヴィス杯”サービスコンクール」の支援と継承活動を通じて、サービスマンの技能向上を図るとともに、食文化の発展に広く貢献することを目的に2001年10月に設立しました。

  • クラブ アトラス(Club Atlãs)

    東京近郊にあるフランス料理のレストランに携わる役職者、管理的立場を有する者が集まり、次世代への技術指導、情報共有などを通じ、フランス料理を継承し、人材を育成していくことを目的としています。

  • 一日会大阪

    一日会大阪は、1980年4月にフランス料理の交流と発展のための勉強会としてスタートしました。やがてイタリア料理界とも交流するようになり、フレンチ・イタリアン両方のシェフが加盟する現在の形に至っています。毎年の活動と致しましては、料理講習会(ゲストシェフに講習してもらい、試食や意見交換などを行う)、ボランテイア活動(養護施設に赴き、子供達と一緒に料理を作り会食する)、美食会開催(会員たちと著名ゲストシェフの饗宴)の3つのイベントを催してます。

事務局

  • コレージュ・キュリネール・ド・フランス

    フランス内外におけるフランス料理の発展のために発足した有名シェフたちによるアソシエーションです。フランス料理文化の保存と発展、優れた食材と優れた生産者のサポート、才能ある若いシェフの育成に努めています。

  • デュカス・パリ

    デュカス・パリは国際的で多様化するお客様の期待に応えるべく、質の高い料理とサービス、最新の技術力をもって常に最高のものをご提供することを目指しています。会長であるアラン・デュカスは料理人であり、クリエイターでありかつ厳格な実業家でもあります。